絶景!ここが畑地区

以前は、萱葺の柿小屋が主流でしたが、昭和40年代頃からは、風通しもよく、より多くの日差しを取り入れるように、周りをガラス張りした木造三階建ての柿小屋が建ち始めました。晴天の日は、窓を開放し、雨が降れば窓を閉めて「ほし柿」をつくります。各農家では、約2万〜3万個を吊るして乾燥させます。

アクセスマップ


大きな地図で見る